« #1698 NIKKOR-N.C Auto 1:2.8 f=24mm(写真) | トップページ | #1700 朝の空(魚眼写真) »

2004.12.19

#1699 NIKKOR-N.C Auto 1:2.8 f=24mm, etc.(写真)

a041219lens9741b
Nikon Coolpix 4500

2004.12.19 #1699 NIKKOR-N.C Auto 1:2.8 f=24mm, etc.(写真)
Large/大きいサイズ
昨日に引き続きNIKKOR-N.C Auto 24mm F2.8(1972年、中段左)、と他のレンズ達。
背後はピントも露出も手動の一眼レフカメラNikon FM10。
中段中央はSIGMAの円周魚眼、手前左はCoolpix用広角コンバーター WC-E63、手前右はCoolpix用円周魚眼コンバーター FC-E8, 右奥はシグマの望遠ズーム。
贅沢にもデジカメとフィルム一眼に各々魚眼と広角24mm(^^)。
あ、もちろんチャンと理由はあって...コントラストの強烈な夏至頃の晴れた日はラチチュードの広いネガフィルムで魚眼、デジカメは広角。
それ以外の季節と曇りの日などは超ローアングルやハイアングルでも液晶を回転させて構図の確認ができるデジカメに魚眼、フィルムで(の必然性はないので単体で24mmのCoolpix 8400が現状ベストでしょうけど(^^;)広角。
...という使い方を目論んでいます(^^; 常に両方持ち歩く必要があるのが玉に瑕(ぉぃ

fotologには「朝日に輝くプラットホーム(魚眼写真)」を投稿。フィルムで撮影。冬でもこう言う場面ではフィルムが有利です(^^; というかフィルムでも完全な逆光部分の影は黒潰れしてますが明るい側の階調が生きていると思います。
fotologの魚眼グループには別の日別の時間の「プラットホーム(魚眼写真)」を投稿...しようと思ったら投稿ページに行けない(^^;..日付がかわってやっと投稿(^^;。フィルムで撮影。これはデジカメでもほぼokだと思いますが、遠方の明るい部分の細部も白潰れしてないのがフィルムの威力、かな??

台風27号と大型で強い温帯低気圧の予報について気象庁への注文をアップ。
落雷の危険性について
_
Painter IX 英語版 製品版 レビューその1:届いた!

|

« #1698 NIKKOR-N.C Auto 1:2.8 f=24mm(写真) | トップページ | #1700 朝の空(魚眼写真) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3800/2317794

この記事へのトラックバック一覧です: #1699 NIKKOR-N.C Auto 1:2.8 f=24mm, etc.(写真):

« #1698 NIKKOR-N.C Auto 1:2.8 f=24mm(写真) | トップページ | #1700 朝の空(魚眼写真) »