« face | トップページ | Standard (=full) outfit/標準装備(=完全装備) »

2011.05.21

Painter を使って描く事。。。

ついったの自画像をPainter12で描きました。と言ってもPainter1.2から使っているカスタマイズブラシを使って描いたので、それってPainter12を使ったと言えるのかなぁ。。

Painter1.2をMac LCIIで使うと、ブラシダブをペタペタ塗り付けていくだけのブラシ、以外のブラシは超スローモーションになるので、ペタペタなりに色々変化の得られるスーラタッチを元に色々変形して。
コンピューターで描く事の利点は操作の取り消しと(単純だけど強力な)修正(拡大縮小、回転、移動、余白の追加削除)...とか。実物で適当に描き始めて、あ、大きすぎてシッポがはみ出す、とか、こっちに小物を置きたいけれどスペースが足りないとか、結構重要な決断を迫られる場面にすぐに衝突。

でもPainterで遭遇したのはジッタとカラーバリアビリティ。3D CG に匹敵、というか私にとっては未だにソレらより上の「コンピューター」を使って描く利点。点描画家は、点描の魅力に取り付かれ、仕上げるための膨大な時間をアトリエに籠っての作業に。 でもPainterなら一筆で膨大なテンテン。 もちろん息を詰めて一つの点を打つ場面もありますしソレは今も昔も変わらぬ楽しさでしょうけれど。
一筆で膨大な点々を打てるPainterはもちろん強力なPaintソフトですから、その一筆が意図と違っていれば「取り消し」。拡大縮小回転移動余白調整自由自在。エントロピー増大の法則に逆らうかの様にランダムドットが絵に収束してゆくのは今だに得難い体験。。。
(自分のついったから転載)

|

« face | トップページ | Standard (=full) outfit/標準装備(=完全装備) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3800/51732461

この記事へのトラックバック一覧です: Painter を使って描く事。。。:

« face | トップページ | Standard (=full) outfit/標準装備(=完全装備) »