« 対角線魚眼レンズも欲しい… | トップページ | Painter X3 発売〜 »

2013.06.30

ニコン対角線魚眼レンズ AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED 購入&レビュー

(2013.07.24 追記)
(2013.07.22 追記)
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED ニコンサイト
これが欲しいと先日ブログに書きましたが、結局購入(^^;;;;

う〜〜〜みゅ、シグマの魚眼レンズの作例が無い件今更な? Sigma 4.5mm f2.8 circular fisheye review/レビューを参照)を嘆いていましたが、ここニコンサイトも作例は1枚しか無いんですねぃ(^^;
まぁ型名で検索すれば山ほど出てきますが…

気を取り直して…
まずはレンズの写真を…
撮影はD5200 + 40mm f2.8 DX Micro
(レンズ筐体などにホコリがついていたり、下に敷いたゴムが見えたりしてますが、ご容赦くださいm(_ _)m)

カメラに装着した状態のレンズフロントキャップありとなしを並べた写真:
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED lens photo 1 with cap without cap
左側、レンズキャップ装着状態、樹脂製の一体型で花型レンズフードにかぶせるタイプ。個体差はわかりませんが、とりあえず普通に持ち歩く状態で抜け落ちたりする心配はなさそうな感じです。
右側、レンズ。コンパクトでシンプル。
キャップをかぶせた状態もお茶目な感じ(ぉぃ
このすっきりした感じと細部のデザインが、なぜか欲しくて…

# まぁ MF (manual focus) にもそれなりに慣れてますし…
# 初心者の方でも最近のデジタル一眼レフだと、フォーカスエイドという機能でピント合わせをサポートしてくれますし。

次は、レンズのサイドを水平方向から見た写真:
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED lens photo 2 side view
この角度から見ると水平方向のや垂直方向のフードとレンズとの位置関係(どのくらいの角度の光をフードで遮れるか)がよくわかるのですが、あまりネット上には無いようですね。
上下のフードは途中から直線状にカットされた形状なので正面上方からの余分な光はあまり効果的に遮れませんが、まぁイメージサークルの比較的中心寄りなので被害は少ない…かもしれません(ぉぃ)。また多少左右に振ってやれば視野ギリギリまで遮るコトができます…が、魚眼や広角の場合、ちょっと左右に振るコトが構図に与える影響も大きいので、さて。実力の方は、また追々…

(この写真は真横より少しこちら向き&レンズ最短ではない状態ですが、後述のレンズが最短のときでも)左右のフードは真横から見てレンズの方が少し前に出ています。ので、横棒に対してはフードはガードになりません(ばき
真横や縦位置などでの上方からの光に対して(レンズ全体として)どうかは、また追々…

次はレンズのサイドを対角線方向から見た写真:
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED lens photo 3 diagonal view
(この写真はレンズ最短ではない状態ですが)最短だとレンズのフチとフードの最短部分が絶妙に一致している感じです。先ほど同様、対角線方向付近のレンズとフードの位置関係の参考に…

…といってもこの角度だけではちょっとわかりにくいので、少し傾けた写真もあわせて見ると、よりわかりやすいかと:
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED lens photo 4 diagonal front view
フード内側の反射防止の溝は幅のある上下方向のフードのみで、左右方向のフードにはありません。

さて、このレンズはフードが固定なのでIF方式か…というと、フード内側でちゃんと(?)レンズが伸縮します。その様子の写真(左:無限遠、右:最短距離):
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED lens photo 5 lens move
(下に敷いたゴムが見えてますねぃ m(_ _)m)
左:無限遠の状態ではレンズ面が一番奥に下がりフードの効果が最大になります。
右:最短距離の状態ではレンズ面が一番手前に。まぁフードによるフレアやゴーストの削減効果は減少する代わり、フードで被写体への光が遮られるのがマシになりますね。
あ、上下の反射防止溝もこの位置までしか刻まれていません。

もちろん、この状態でもレンズ面は深い上下のフードよりは奥にありますが、フードによるレンズ面のガードが甘く(?)なるので、被写体その他との接触には遠距離時より注意が必要…

# まぁ魚眼で花などを撮影しているとレンズに花粉がついていたりするのは日常茶飯事(ばき

さてレンズと樹脂製のかぶせキャップですが:
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED lens photo 6 made in Japan
しっかりと MADE IN JAPAN の記載が(^^)v

# って、わざわざ海外にラインを作るほどの本数は出荷されない、というのも大きいかなぁ(^^;

いや、ほんとにいいレンズですし、楽しい写真が撮れますし、構図を工夫するのが好きな人にとっては撮影がすごく楽しいレンズですから、ぜひ、大量に売れて、ニコンが慌てて海外生産を検討して、ついでにAF-Sのモーター内蔵、ナノクリスタルコート使用、でも量産効果で安くなって…ってなりませんかね(^^)

# ついでにニコン製円周魚眼も復活とか…


---- ここから 2013.07.22 追記 ----

さて、このレンズは対角線の画角が180度の対角線魚眼レンズ、なのですが少々残念なことが。

まずこの写真ですが、Nikon D5200に装着しての撮影です。ピンぼけなのは最短撮影距離の0.14mに焦点を合わせているからですが、
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view 2
Original file AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view 2
左上隅と右下隅をよく見ていただけば、建物に沿ってずっと遠方までの視界が得られていることから、180度の画角が得られていることがわかります。

では、次の写真、同じ位置で無限遠に焦点を合わせての撮影では、
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view 1
Original file AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view 1
同じく左上隅と右下隅をよく見ていただけば、壁面が視野の隅を遮る感じで180度の視野は得られないことがわかります。

上記説明を一枚にまとめた図。
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view

さらに、左上隅と右下隅のみを拡大した図。
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view

つまり、このレンズは(少なくともNikon D5200との組み合わせでは)最短撮影距離付近(マクロ撮影的な使い方)では対角線180度を得られますが、より一般的な用途と思われる無限遠付近(風景写真的な使い方)では、差はわずかではありますが180度の画角は得られない、ということです。

これは残念な事実ですが、Sigmaの Sigma 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM はNikonマウントの場合、実際のところどうなのか、気になりますね(^^;
まぁ、キヤノン用の場合は167度と大幅に狭いのに比べれば全然大丈夫(ばき

まぁ180度にかなり近いので、普通に対角線魚眼らしさを生かした構図を撮影するには、十分ではあります。。。

---- ここまで 2013.07.22 追記 ----


---- ここから 2013.07.24 追記 ----

もう一組、同様に「無限遠=∞ vs. 最短撮影距離=0.14m」での作例を。
実際、こちらの作例では、無限遠で180度以下であっても、「数歩」下がれば、これくらいの石垣(40m弱)が(ぎりぎり)すっぽり収まる角度なので、どこまでも続く直線道路、みたいな被写体以外は何とかなります(ばき

AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view
# あ、この図は Corel Painter X3 で作ってますよ、もちろん(^^)v

AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view 最短撮影距離=0.14mAF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view 最短撮影距離=0.14m

Original file AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view 最短撮影距離=0.14m

AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view 無限遠=∞AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view 無限遠=∞

Original file AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 180 degrees diagonal view 無限遠=∞

なぜ、対角線画角180度にこだわるのか?上の石垣のように斜めの構図を使えば180度のパノラマが得られる、とか、次の作例の様な上下にも広い空間の場合、ごく普通に撮影しても、斜め上、斜め下のみでも180度見えることで室内の様子がよりハッキリ確認できたり、その180度付近に特徴的なものを配置することで印象的な構図が出来上がったり。空間を切り取るとき、キチンと(対角線魚眼の場合は水平垂直に構えると全部「斜め」が付きますが)上下左右が見える、ことで印象がガラリと変わります(^^)
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 斜め上下左右が有効な構図

---- ここまで 2013.07.24 追記 ----

おっと、とりあえず作例を3枚ほど。

いずれもオリジナルファイルとその縮小版です。
著作権は放棄しません。2013 Copyright (c) dddo

AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 1 trashes
Original File AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 1 trashes
1/60, f2.8, ISO 280

AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 2 gate
Original File AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 2 gate
1/60, f4, ISO 360

AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 3 flower macro
Original File AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 3 flower macro
1/60, f4, ISO 3200

---- 2013.07.22 作例追加 ----
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 4 Sign Post MacroAF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 4 Sign Post Macro
Original File AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 4 Sign Post Macro
1/3200, f2.8, ISO 100

AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 5 flowerAF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 5 flower
1/1000, f4, ISO 100

AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 6 EscalatorAF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 6 Escalator
Original File AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f2.8G ED sample photo 6 Escalator
1/100, f2.8, ISO 100

以上

参考)
Standard (=full) outfit/標準装備(=完全装備)

info情報)カメラ雑文(追記2006.01.21, 初2004.08.29 (カメラ歴など)

標準装備はちょっと現在流動的?(^^;

参考)
info)円周魚眼vs対角線魚眼 各々の魅力

対角線魚眼レンズも欲しい…

今更な? Sigma 4.5mm f2.8 circular fisheye review/レビュー(工事中

(2013.06.30 初稿、2013.07.22 追記


|

« 対角線魚眼レンズも欲しい… | トップページ | Painter X3 発売〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3800/57697256

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン対角線魚眼レンズ AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED 購入&レビュー:

« 対角線魚眼レンズも欲しい… | トップページ | Painter X3 発売〜 »