« 壊れたレコードの図解/Illustrate by a Diagram of How to Sound Like a Broken Record | トップページ | デジタルデータを信頼しますか? »

2017.05.25

写真を誤削除・カードを誤初期化した場合の復元

デジカメの写真を誤って削除してしまった・カードを初期化してしまった!
そういう経験はありませんか?
大丈夫です。削除・初期化した直後であればデータそのものは消えていないのでメモリカードに対応した(これは重要です。HDD(やFDD)にしか対応していないものもあります)データ復元ソフトを使えばほぼ100%復元できます。

では、削除・初期化の後撮影してしまったら?
カードの容量一杯まで撮影してしまったらダメですが…
例えば初期化後であれば、前回撮影した90枚目の写真が必要であれば、新たに89枚まで撮影してもギリギリ残っている可能性があります。
削除後に撮影してしまった場合はデジカメやカード次第でどうなるかわかりません(隙間は残したままとりあえず最後まで書き込むor隙間から書き込んでいく…など)が残っている可能性はあります。
また、メモリカード特有の動作としてメモリセルの寿命を伸ばすため(注1)適当なタイミングで今まで使用頻度の低かった部分を優先して書き込む様なケースもあるので初期化後沢山撮影してしまった、削除後に撮影してしまったとしても大丈夫なケースもあります。
データ復元ソフト/アプリなどで検索すると有料・無料色々出てきます。無料のものは注意書きをよく読んでください。復元可能かの確認までしかできないものや、復元できる容量やファイル数などに制限があるものが多くなっています。

(注1)メモリカードにはフラッシュメモリと呼ばれる半導体メモリが使われています。通常の半導体メモリは電源を切るとデータが消えますが、フラッシュメモリではフローティングゲートと呼ばれる周囲から絶縁された部分に高電圧をかけてトンネル電流などで電荷を蓄える/抜くことでデータを記憶します。この寿命がHDDなどの磁気記録に比べて短いので初期化した時に同じ位置から書き始めると一部のみ酷使することになるので初期化回数などによりアドレスを変更するなどで満遍なく書き込まれるように工夫している場合があります。

以上

(2017.05.25 初稿)
Twitterにも同文をツイート

|

« 壊れたレコードの図解/Illustrate by a Diagram of How to Sound Like a Broken Record | トップページ | デジタルデータを信頼しますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3800/65324657

この記事へのトラックバック一覧です: 写真を誤削除・カードを誤初期化した場合の復元:

« 壊れたレコードの図解/Illustrate by a Diagram of How to Sound Like a Broken Record | トップページ | デジタルデータを信頼しますか? »