カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の994件の記事

2016.09.24

サイト移転のお知らせ

いろいろ放置気味ですが、niftyが「@homepage」サービスを終了するので、とりあえずこちらの「LaCoocan」のサービスに移転。
poporoのサイトはトラブって繋がらないので、とりあえずミラーとしてここに:アトリエどどど
現在はほぼTwitter(dddo2it)のみで活動、たまにこのブログも更新?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.26

morandi @artm pref hyogo/ジョルジョ・モランディ展@兵庫県立美術館

(2016.01.27 追記) 兵庫県立美術館にて開催中のジョルジョ・モランディ展ブロガー向け内覧会(2016年1月23日(土))に参加してきました。

受付を済ませ、1階レクチャールームにて学芸員さんの解説と撮影の注意点を聞き、いよいよ撮影しつつの絵画鑑賞。

兵庫県立美術館 ジョルジョ・モランディ展 入口

3階の展示室入口付近、入場するブロガーの面々。

続きを読む "morandi @artm pref hyogo/ジョルジョ・モランディ展@兵庫県立美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.14

2012.10.14 御堂筋、の写真集(^^)

2012.10.14 御堂筋、の写真集(^^)ジャーナル版

>2012.10.14 御堂筋、の写真集(^^) こちらはフォトストリーム版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.28

Standard (=full) outfit/標準装備(=完全装備)

Standard (=full) outfit (2011/05/28):
Photo:
Nikon D5000 + Sigma 4.5mm 1:2.8 EX DC Circular Fisheye, Casio EX-F1, Nikon E8400, iPhone 3GS
Recording:
Roland R-09HR, LiSN Parabolic Microphone
Painting, Editing:
iPad, MacBookAir11, Pocket WiFi

---------------------------------------------------------------------
標準 (=完全) 装備 (2011/05/28):
写真撮影:
Nikon D5000 + Sigma 4.5mm 1:2.8 EX DC Circular Fisheye, Casio EX-F1, Nikon E8400, iPhone 3GS
録音:
Roland R-09HR, LiSN Parabolic Microphone
描いたり編集したり:
iPad, MacBookAir11, Pocket WiFi

---------------------------------------------------------------------
2011/05/28時点の標準装備 (ということは、ほぼ完全装備(苦笑))
写真撮影:
Nikon D5000 + Sigma 4.5mm 1:2.8 EX DC Circular Fisheye,
2010/07購入 最初の写真(?)阪急伊丹駅ビル内
シグマのデジタル一眼用の円周魚眼レンズとニコンのデジタル一眼で(購入当時)唯一の可動液晶を装備しているD5000の組み合わせ。他のレンズもあるけど、ほぼ、円周魚眼写真専用。。。
後継機種のD5100は液晶が横開きになった。D5000は下開きで、底面につける三脚などと干渉する(または三脚などで液晶画面が隠れる)のが欠点(苦笑)。横開きはその辺りは大丈夫。
参考) 今更な? Sigma 4.5mm f2.8 fisheye レビュー

Casio EX-F1,
2008/03/28 発売日に購入 購入〜レビュー記事
300 fps (10倍)〜1200 fps (40倍)のハイスピード(超スローモーション)動画撮影が可能な唯一のデジカメ。12倍のズームレンズで、警戒心の薄い(1mくらいの距離の)スズメなら画面いっぱいに撮影可能。

Nikon E8400,
2005/10/10 購入 購入〜レビュー
コンパクトデジカメでは初めて(?たぶん)コンバージョンレンズ無しで24mm相当の広角撮影が可能に。
生産終了にて24mm相当機種は一時絶滅していましたが、その後数世代たって、今や薄くて軽い24mm広角〜が撮影可能な機種がそろってますねぃ(苦笑)。
ソレらとの差は可動液晶、液晶ファインダー、くらいかなぁ。
とはいえ、いざという時にその差が大きいのは事実。広角レンズではわずかな位置、角度の違いで全く違う写真になるため、手の届く範囲なら好きな位置から好きな方向を撮影できるのは強力。
頭上の花を見下ろす角度で、足元の花を見上げる角度で、などなど。
これが壊れたりしたときに軽くて薄いコンパクトデジカメに移行するのか、24mm相当の交換レンズを買い増すのか、微妙な所です。あ、24mm付近から超望遠のコンパクトでないコンパクト・デジカメも出てますねぃ(^^;;

録音:
Roland R-09HR,
高音質のICレコーダーです。

LiSN Parabolic Microphone,
パラボラ集音マイクです。往年のパラボラマイクの印象を完全に覆す、カッチリクッキリした音、良い感じのステレオ感で録音できます。

描いたり編集したり:
iPad3, MacBookAir11, Pocket WiFi

以上
(2012/12/28追記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.21

Painter を使って描く事。。。

ついったの自画像をPainter12で描きました。と言ってもPainter1.2から使っているカスタマイズブラシを使って描いたので、それってPainter12を使ったと言えるのかなぁ。。

Painter1.2をMac LCIIで使うと、ブラシダブをペタペタ塗り付けていくだけのブラシ、以外のブラシは超スローモーションになるので、ペタペタなりに色々変化の得られるスーラタッチを元に色々変形して。
コンピューターで描く事の利点は操作の取り消しと(単純だけど強力な)修正(拡大縮小、回転、移動、余白の追加削除)...とか。実物で適当に描き始めて、あ、大きすぎてシッポがはみ出す、とか、こっちに小物を置きたいけれどスペースが足りないとか、結構重要な決断を迫られる場面にすぐに衝突。

でもPainterで遭遇したのはジッタとカラーバリアビリティ。3D CG に匹敵、というか私にとっては未だにソレらより上の「コンピューター」を使って描く利点。点描画家は、点描の魅力に取り付かれ、仕上げるための膨大な時間をアトリエに籠っての作業に。 でもPainterなら一筆で膨大なテンテン。 もちろん息を詰めて一つの点を打つ場面もありますしソレは今も昔も変わらぬ楽しさでしょうけれど。
一筆で膨大な点々を打てるPainterはもちろん強力なPaintソフトですから、その一筆が意図と違っていれば「取り消し」。拡大縮小回転移動余白調整自由自在。エントロピー増大の法則に逆らうかの様にランダムドットが絵に収束してゆくのは今だに得難い体験。。。
(自分のついったから転載)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.16

face

CBE5F944-4D24-4BB4-83C6-0798F303A199

続きを読む "face"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.05

あけましておめでとうございます。2011年賀状の絵です。やっと

あけましておめでとうございます。2011年賀状の絵です。やっと描き終わって、1月4日夜、投函(^^;

Usap_a02a64

ウサギさんです。長い耳(Ear)。描くのがノロくなったなぁ。。あんまり描いてないから仕方ないけど。。環境も整ったし、毎日1枚落描きを復活。。したら、やっぱり無理があるかなぁ。。。って年頭から全くもってイイカゲンな(^^;


続きを読む "あけましておめでとうございます。2011年賀状の絵です。やっと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.13

kao

9CBCD516-C042-4F78-81DE-E7FDC4DD6739

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.04

かお。

24BACFEF-D2AF-441A-A3E5-547877A91130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.18

Who are you?

AF6135E4-ED54-41CB-B1CE-18F82A0A0026

続きを読む "Who are you?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧